除毛 脱毛

除毛と脱毛の違いご存知ですか?

ムダ毛処理方法について調べていると、除毛と脱毛という言葉をよく耳にしますよね?!

 

どちらもムダ毛処理方法の一つという事は分かるけど、違いってあるのでしょうか?

 

除毛と脱毛は同じ物?それとも全然性質の違うもの?

 

今回はそんな除毛と脱毛の違いについてご紹介していきます!

 

除毛って何?

 

除毛は、書いて時の如しで、肌の表面に生えている毛を取り除く事で、一般にカミソリやシェーバーで剃る方法とクリームなどの除毛剤を使用して毛を取り除く方法があります。

 

カミソリやシェーバーで剃る方法は、剃った時は毛は肌からなくなりますが、数日経つと再び生えてきてしまいます。

 

そのため、頻繁に処理しなければいけません。また、肌を傷めてしまう可能性もあります。

 

除毛剤を使う方法で、除毛剤には除毛クリームと脱毛クリームの呼び方がありますが、両方とも同じで、脱毛クリームは脱毛の作用はなく、肌の表面の毛だけを取り除くだけなので除毛クリームといえます。

 

除毛クリームは、肌表面の毛を溶かして除毛します。

 

アルカリ性は、毛の主成分であるタンパク質を溶かす働きがあり、除毛クリームに配合されている「チオグリコール酸カルシウム」はアルカリ性です。

 

除毛剤は、カミソリやシェーバーなどで剃るより毛の生えてくる時間が長くなります。しかし、除毛剤は肌のタンパク質にも反応してしまう可能性があり、使用中に肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

脱毛って何?

 

脱毛は、毛を毛根から取り除くことで、処理方法については自己処理する方法と、エステやクリニックなどの施設で処理してもらう方法があります。

 

自己処理には、毛抜きやピンセット、ワックス、家庭用脱毛器などを使って毛を抜く方法があり、自宅で簡単に処理できるのが特徴です。

 

お手軽にできる反面、毛穴が開いてしまったり、炎症を起こしてしまったりと肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

施設で行う脱毛処理で、エステだと光脱毛とニードル脱毛、クリニックだと医療レーザー脱毛があり、どれも毛根の細胞を破壊してしまうため、毛が生えてきにくくなります。

 

どちらも多少の痛みを感じる事があります。

 

除毛と脱毛の違いまとめ

 

除毛と脱毛の違いについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

一般的に多いムダ毛処理は、除毛という事が分かりました。

 

除毛は、今ある毛を取り除くだけなので、処理を頻繁にしなければいけない可能性もありますが、一番自分で処理するには簡単かもしれません。

 

ただ、自分でムダ毛対策をするとなると、除毛も脱毛もどうしても肌に負担をかけてしまい、肌トラブルを引き起こす原因となってしまう危険性もあります。

 

手軽で安く、時間もあまりかからないという利点がありますが、せっかくムダ毛を処理しても肌が悪くなってしまってはどうもこうもないですよね?!

 

そのため、自分で処理する場合は、できるだけ肌に負担をかけないよう注意が必要です。

 

施設でムダ毛対策する場合は、脱毛になりますが、施設で脱毛してもらうとなるとどうしても費用がかかってしまいます。

 

また、一度の施術で全く毛が生えなくなるという事はなく、何度か通わなければいけないという面倒さもあります。

 

除毛と脱毛、どちらのムダ毛対策がご自分に合っているかご検討が必要ですね。