除毛 お風呂

その方法、間違っています!【除毛はお風呂でするのが日課?】

除毛 お風呂

 

除毛をする人の多くが自己処理をしていると思いますが、皆さんは何処でしていますか?

 

圧倒的に多いのが、お風呂ではないでしょうか?

 

入浴で肌を温められる・室内が暖かいので裸でも寒くない・処理後にシャワーで簡単に掃除ができるなど、メリットが沢山と思いがちですが・・・実はお風呂での除毛は最も危険だって知っていましたか?

 

何故、お風呂で除毛をしてはいけないのか、詳しく見ていきましょう。

 

お風呂での処理は危険!その理由は?

 

毎日入るお風呂、夏場の汗をかきやすい時期にはシャワーを浴びるなど1日に2回使用する事もありますよね。

 

入浴時のお風呂は湿度と温度が上がっており、湿度と温度が高い状態が長時間続く場所は、雑菌やバイ菌が最も繁殖しやすい場所と言えます。

 

入浴後にどれだけ水で流しても、お風呂場には必ずカビが発生しますよね。

 

人間の目には見えない細胞レベルで、雑菌・バイ菌・カビは繁殖をしているんです!

 

入浴により肌と毛が柔らかくなり弱まっている状態でカミソリなどにより肌の角質を削ぎ落としてしまうと、抵抗力を失った肌から雑菌やバイ菌が侵入して炎症や化膿を起こしてしまいます。

 

敏感肌や肌トラブルが多い人は、特に避けた方がいい場所とも言えます。

 

除毛処理はどこでするのがオススメ?

 

お風呂が危険となると、除毛はどこでしたらいいのか気になりますよね。

 

大前提として室内ですが、清潔で程良い室温を保てる掃除のしやすい部屋がオススメです。

 

そんな部屋、私の家にあるかしら・・・?と思いがちですが、深く考える必要はありません。

 

エアコンや掃除機があれば、どの部屋でも除毛処理にオススメの部屋に変える事ができるんです!

 

夏は冷房で冬は暖房で室温を調節し、処理前には部屋の隅々まで掃除機をかけて清潔にして下さい。

 

あとは洗面器などにお湯をためて、タオルやケープなどを敷けば処理に最適な部屋の完成です。

 

処理前・処理後のスキンケアも忘れずに!

 

実は、入浴後10分程度経過してからの除毛が1番最適と言われています。

 

入浴により毛と肌が柔らかい状態から適度な状態になっているので、剃りやすくなっているからです。

 

しかし、入浴後でも処理前のスキンケアは忘れずに行って下さい。

 

ワセリンなどでしっかり皮膚を保護する事で、カミソリによる肌への負担も軽減する事ができます。

 

そして処理後も保湿成分・美肌成分が含まれている化粧水やローションをたっぷり塗って、肌を休ませて下さい。

 

除毛の自己処理でやってはいけない事とは?

 

雑菌やバイ菌などが多く衛生的に不安なお風呂での除毛は危険とご紹介しましたが、他にも除毛の自己処理でNGな事はあるのでしょうか?

 

せっかく除毛をするなら、処理後の肌荒れやかぶれなども避けたいですよね。

 

その他の注意点を調べてみました。

 

乾いた状態の肌で除毛をする。

 

肌が乾いている状態で除毛処理をすると、肌への負担がとても多いのは言うまでもないですよね。

 

痛いばかりか肌の表面を傷付けてしまう為、絶対にやめて欲しいところです。

 

また、肌が乾いている事は=毛がふやけていない状態なので剃りにくく、無理に剃ると肌を切ってしまう可能性があります。

 

乾いている時は蒸しタオル・お湯で充分に温めたタオルなどを除毛したい部分にしっかりあてて、シェービングクリームなどを利用しながら除毛して下さい。

 

肌が敏感になっている時期は避ける。

 

女性は生理前後の数日は肌が非常に敏感な状態になっている為、除毛によって肌トラブルを起こしやすくなっています。

 

しかし、VIOラインの毛が伸びていると生理中の出血により毛が固まったり蒸れやすくなるので、その場合はカットをして長さを整える程度にしておきましょう。

 

また、ストレスを強く感じている状態・食生活の乱れや睡眠不足が続いている状態も肌は敏感になっているので、その時期は除毛処理を避ける事をオススメします。

 

除毛器具の保管場所に気を付ける。

 

カミソリや電動シェーバーなど、お風呂や洗面所などに保管しがちですが、オススメできません。

 

使用後にちゃんと洗っていても、湿度・温度の高い場所に置いておくだけで雑菌やカビが増殖します。

 

使用後は清潔にしたら通気・換気の良い場所でしっかり乾かし、湿気の及ばない所で保管しましょう。

 

また、カミソリの刃が古くなっていると切れ味も悪く、肌への負担も大きくなります。

 

定期的に新しい刃に替える事が必要です。

 

簡単そうで難しい自己処理による除毛ですが、最適な場所と正しい方法を知っていれば問題ありません。

 

みんなに自慢したくなるツルツル肌に大変身しましょう!